本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

とっぴんぱらりの風太郎

とっぴんぱらりの風太郎

とっぴんぱらりの風太郎

万城目学

2014年度本屋大賞部門
第5位

クチコミ( 2

天下は豊臣から徳川へ―。重なりあった不運の末に、あえなく伊賀を追い出され、京(みやこ)でぼんくらな日々を送る“ニート忍者”風太郎。その人生は、1個のひょうたんとの出会いを経て、奇妙な方向へ転がっていく。やがて迫る、ふたたびの戦乱の気配。だましだまされ、斬っては斬られ、燃えさかる天守閣を目指す風太郎の前に現れたものとは?

クチコミを書く

「とっぴんぱらりの風太郎」 の評価/クチコミ

うたさんの評価:

本作品は戦国の忍者ものです。主人公である風太郎は伊賀忍者として働くことを望んでいるのですが、ある粗相?をきっかけに黒弓という忍者とともに追放された身となります。そこから京でのらりくらりと暮らし始めるのですが、あるひょうたんを手に取ったところから彼の運命が大きく左右されるという話です。

ファンタジー要素も多く取り入れられているので始まりは楽しそうな印象ではあるのですが、やはりときは戦国であるため、悲劇も多く生まれます。登場人物が一人一人濃いですし、どこかやっぱり気のいい人というのが主に書かれているため、より戦というものの悲惨さを感じてしまいました。

風太郎はすごく卑屈なんだけれども、すぐ人にだまされて、また卑屈になるという親近感の湧いてしまうキャラクターで、親近感がわく分少しイライラさせられるのも魅力の一つであると思います。また、この風太郎とともに伊賀を追い出された黒弓はマイペースで、のほほんとした印象ではあるけれども一本真が通ったしっかり者という相反する二人のやり取りが軽妙でした。かなり長い作品ではありますが、読みやすい文体で書かれているため一気読みしてしまう一冊です。

asa.comさんの評価:

想像力をかきたてられる素晴らしき冒険物語!!可笑しくて、不思議で、切なくて、かっこいい。

幼いころ行き場をなくした風太郎を拾ってくれた忍者の世界。だが、失態を犯して伊賀を追い出された。田舎で半端仕事をこなしながら、その日暮らしでただ生きる毎日。 そこに現れたのがかつての忍び仲間。彼もアウトローとして伊賀を出、商売をしていた。トラブルメーカーの彼の登場で嫌な予感が風太郎を襲う(笑)。ひょうたんの化け物にも取りつかれた風太郎は、様々な運命の導きに、不本意ながらも危険に足を踏み入れていく! 後半は圧巻。前半の微笑ましくも全てに及び腰の風太郎が渦中の砦に突進していく様は圧巻としかいいようがない。風太郎と一緒に戦の最中へ。その行動ひとつ一つに胸が熱くなります。

あ~、豊臣から徳川の世に、こんな素敵な歴史の裏があったとは(笑)?

歴史にはそれほど詳しくない私ですが、想像力MAXになったなぁ。世界観といい、愛すべきキャラクター設定といい、適当に見せかけてかなり緻密。

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

万城目学 の他の書籍

2014年度本屋大賞部門の他の書籍

2014年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別