本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

のぼうの城

のぼうの城

のぼうの城

和田竜

2009年度本屋大賞部門
第2位

クチコミ( 2

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。

クチコミを書く

「のぼうの城」 の評価/クチコミ

イックさんの評価:

近年歴史小説が熱い。学生時代に新撰組に嵌り歴史小説をあれこれ読み続けてきた私にとっては嬉しい限りです。その先駆けとも言える存在がこの「のぼうの城」だと言ってもいいしょう。

 私が最も好きな時代は当然江戸時代なのですが、この作品は更に時代をさかのぼります、豊臣秀吉が天下を統一する前が時代設定となります。正直なところ、この作品の主人公成田長親についてはこれっぽっちも知りませんでした。

 しかもでくのぼうから取ってのぼう様と呼ばれているくらいで、表情が乏しく背の高い大男ですが不器用であまり役に立たないけど、身分階級がある時代に人を差別することがないので、身分の低い人からは慕われているんです。

 そんな平時の際には少しぱっとしない男が戦いとなると魅せてくれます。彼が守った城は秀吉の軍勢が唯一落とせなかった城なんです。歴史小説は時代背景が難しいと思っている人に是非読んで欲しい一冊です。こういう小説を読むと歴史の教科書もまた違って見えてきます。

にkさんの評価:

スケール感が素晴らしいです。シナリオを改めて見直せば「支城のひとつが残った地方の話」なのであって、盛り上がりに欠くはずなのですが、エンターテインメント性が高く引き付けられてしまいます。

また、登場人物の造けいも注目出来ます。よくある「忠と義が……」みたいなキャラクタは少なく、主観的に動いているキャラクタ達の起こした行動で物語が展開していき、結果的にそれがキャラクタ達の個性になっているように感じました。

本作で描かれているのは北条勢なのですが、時代小説というと、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が中心になる事が多く、また、北条家が主役の場合でも早雲、氏康、氏政、風魔小太郎あたりが関の山で、なかなか成田長親が主役になる事はありませんでした。

この話を「石田三成が水攻めまでやったのに失敗した話」として描かなかったところからもやはりエンタメ性を感じさせます。

文体も中学生がすんなり読む事が出来ると思うので、出来るだけ多くの方に読んでいただきたい時代小説です。

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

和田竜 の他の書籍

2009年度本屋大賞部門の他の書籍

2009年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別