本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

サクリファイス

サクリファイス

サクリファイス

近藤史恵

2008年度本屋大賞部門
第2位

クチコミ( 1

ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと―。陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。かつての恋人との再会、胸に刻印された死。青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた!大藪春彦賞受賞作。

クチコミを書く

「サクリファイス」 の評価/クチコミ

イックさんの評価:

 近藤史恵さんの作品の中で私はこの作品が最も好きです。タイトルのサクリファイスは生け贄を意味する言葉で、全てを読み終わった後妙に納得した覚えがあります。

 ロードレースをテーマにした作品で正直な所私はロードレースって見たこともなければルールも知らなかったんです。しかしこの作品を読んでから興味が出たスポーツでもあります。 

 スポーツの世界においてエースが存在し、そのエースに尽くすのはある意味当然のことのように思いますが、ロードレースにおけるアシストというのは少し意味合いが違うというか尽くすというより献身といった言葉の方が合うように思います。

 つまりエースをトップでゴールに押し込む為なら自分はゴールすることもなく途中で力尽きるまでエースにその身を捧げるのです。またロードレースは紳士のスポーツとも頭脳戦がモノをいうスポーツでもあります。駆け引きとか見ものです。

 またこの作品はスポーツ小説であるのと同時にミステリーでもあります。そしてジャンルという枠にとらわれない素晴らしい作品だということが出来ます。

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

2008年度本屋大賞部門の他の書籍

2008年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別