本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

デッドエンドの思い出

デッドエンドの思い出

デッドエンドの思い出

吉本ばなな

2004年度本屋大賞部門
第7位

クチコミ( 1

つらくて、どれほど切なくても、幸せはふいに訪れる。かけがえのない祝福の瞬間を鮮やかに描き、心の中の宝物を蘇らせてくれる珠玉の短篇集。

クチコミを書く

「デッドエンドの思い出」 の評価/クチコミ

ziziさんの評価:

 もともとデビュー当時から彼女の作品が好きで、この本も発売当時にすぐハードカバーで購入。発売から数年経ち、最近もう一度読みたいと思ったきっかけがあり、文庫本で手に入れた。最初に読んだ時と随分この作品から受ける印象は違った。

 よしもとばなな特有の柔らかい文章、透明感の中にも少し不思議な世界観はそのままだったが、恋愛について考えさせられたり、少し読むのが辛い部分も多くあった。それは失恋を経験した自分自身の想いが投影されていたからである。

 しかし、この作品は恋愛小説であり、恋愛で傷ついた心を軽くしてくれるようなヒントがたくさん散りばめられている。作者のあとがきの言葉で、この作品を書けたから、小説家になってよかった、とある。彼女自身の経験がモチーフになっている部分もあるだろうし、読者が彼女の人生や心象風景を少し覗き見できるような作品である。

 それぞれの物語の中で男女が出会い、別れたり、愛し合ったり、描かれる出来事は平凡なことかもしれないが、それぞれの登場人物の気持ちの描き方が何より素晴らしい。

 この本に出会えて、よしもとばななを好きで本当に良かったと思った。

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

2004年度本屋大賞部門の他の書籍

2004年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別