本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

ハケンアニメ!

ハケンアニメ!

ハケンアニメ!

辻村深月

2015年度本屋大賞部門
第3位

クチコミ( 2

伝説の天才アニメ監督王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。プロデューサー有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。同じクールに は、期待の新人監督・斎藤瞳と人気プロデューサー行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。ネットで話題のアニメーター、舞台探訪で観光の活性化を期待する公務員…。誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼 び、新たな事件を起こす!anan連載小説、待望の書籍化。

クチコミを書く

「ハケンアニメ!」 の評価/クチコミ

ハルさんの評価:

一遍ライトノベルかなと思って呼んでみたのですが全然違う内容でした。 こんなにもすがすがしく期待を裏切られたのは初めてです。

普段テレビで、深夜アニメがたくさんやっていて、なんとなくさらっと見ていましたが、 アニメ制作現場ではこのようにアニメが作られているんだ、と納得させられる場面も多くて業界の裏側を知ることができました。

クリエイティブの作業というのが、いかに大変な作業であるか、クリエイター同士の意見がぶつかり合うのか。

オタクの世界がとてもかっこよく感じる作品です。

既にアニメの世界について詳しい人たちでも、たのしんで読める作品であることが明らかです。

それほどまでに、辻村深月先生の文章力が素晴らしく、 好きな事を職業にしている喜びというのが、ズバズバと突き刺さってきます。

三作に分かれている話が一つ一つ絡みあって行き、最後にはひとつの物語にまとまっていく様は見事!

主人公達が女性であることから、物語が女性目線で進んでいくのも面白いところです。 

さつきさんの評価:

アニメ業界の裏側である制作サイドを舞台とした小説です。

実際のところは分かりませんが、小説はよく取材をして書いているなと感じました。

視聴者サイドからは見る事が出来ない制作の現場のリアルを見れたような気がします。

登場人物たちはそれぞれ少し漫画っぽい設定ですが、それがこの小説の題材とも合っていてサラリと読めました。

しかしアニメにかける情熱やドタバタ劇などはまるでスポーツ小説を読んでいるかのように熱いものを感じさせました。

一生懸命仕事に全うしている人たちを書いた作品だと思います。

それぞれ章ごとに語り手が変わりますが、それぞれのお話がリンクしているのでアニメという物を多方面から見て語られています。

登場人物たちが個性的で面白いのでまたこの小説の続編で彼らの活躍が見たいと感じました。

漫画家のクランプさんの装丁も雰囲気に合っていて良かったです。

お仕事小説は数多くありますがあまりアニメ業界を舞台にした物は読んだ事が無かったので新鮮でした。

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

辻村深月 の他の書籍

辻村深月の作品をもっと見る >

2015年度本屋大賞部門の他の書籍

2015年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別