本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

ランチのアッコちゃん

ランチのアッコちゃん

ランチのアッコちゃん

柚木麻子

2014年度本屋大賞部門
第7位

クチコミ( 2

屈託を抱えるOLの三智子。彼女のランチタイムは一週間、有能な上司「アッコ女史」の指令のもとに置かれた。
大手町までジョギングで行き、移動販売車の弁当を買ったり、美味しいカレー屋を急遽手伝うことになったり。
そのうち、なんだか元気が湧いている自分に気付いて……。
表題作ほか、前向きで軽妙洒脱、料理の描写でヨダレが出そうになる、読んでおいしい短編集。

クチコミを書く

「ランチのアッコちゃん」 の評価/クチコミ

しおりさんの評価:

タイトルをみた時、何の話なんだろうとまずタイトルが気になりました。ライトな感じであっという間に読めてしまいます。派遣OLの三智子は毎日持参のお弁当を上司のアッコさんのいつも食べているランチと1週間交換することになるという話に。仕事ができ、怖そうな女アッコさんの意外ないろんな面を発見し、三智子のしょぼしょぼの人生にも少しずつ変化が出てきて…。ストーリーはちょっとガーリーなテイストで食べ物でそんなに人生変わるわけないだろとも最初は思いましたが。

ただ読後感はほんわか心温まるような、ちょっと元気をもらえるようなそんなお話ではありました。

登場するランチは美味しそうです。カレーを急きょ三津子が作らされる場面やジョギングをやらされたり、屋上で寿司をなぞのおじさんと食べたり。読んでる間アッコさんを和田アキ子で読んでいる自分がいました。でも本当にキャスティングするなら、現実的に天海祐希だろうな、やっぱりとか。

気軽に楽しめる作品でした。

asa.comさんの評価:

 働く女性への元気の出る一週間お勧めランチ!!

強烈な個性の持ち主、アッコ女史。対する仕事もプライベートもぱっとしない派遣社員の三智子。ある日、アッコ女史とお弁当を交換した時から三智子は今まで気がつかなかった自分に気づいていく・・・。

毎日地味なお弁当を食べていた美智子にアッコから提示されたランチ。自分を磨くためのランチがそこにあった。

 美味しそうなランチだけでも読む価値あり(笑)。ポトフやカレー、でも本質は「出会い」でしたね。アッコに導かれた三智子は誰と出会い何を発見するのか?

 著者は『あまからカルテット』でも女性の恋や友情を料理をからめて連作短編を書いています。一方『けむたい後輩』『伊藤君AtoZ』はややダークな内容。

 個人的には『あまからカルテット』から『ランチのアッコちゃん』の系譜がほっとできて元気になれて大好き。

 さらっと手軽に読めて前向きになれる応援本。いつの時代にもあるような本だけど、絶対に爽快な気分になれる!鉄板ですね(笑)!

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

柚木麻子 の他の書籍

2014年度本屋大賞部門の他の書籍

2014年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別