本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

夜のピクニック

夜のピクニック

夜のピクニック

恩田陸

2005年度本屋大賞部門
大賞

クチコミ( 3

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

クチコミを書く

「夜のピクニック」 の評価/クチコミ

こむすけさんの評価:

読み終わったあと、自分の感情をどう整理していいのかわからなくなりました。

後書きまで真剣に読んだのはこの本がはじめてかもしれません。それだけ「出会ってしまった」と思わせる本です。何気ないけれど、大切な言葉たちがたくさん書かれていました。それらをすべて拾い上げ、心に書き留めたならきりがないくらいに。

歩く、ただ一歩一歩歩いていくその中で、表現される疲労、それぞれが抱える悩み、友情や恋がぐちゃぐちゃになって、泥まみれのようだけれど、どこかキラキラしている。大人とも子どもとも言えない、ちょど中間地点の微妙な年頃だからこそ、ただ歩くという行為が特別なものになる。

自分の学校にもこんな行事があったなら、と思いました。現実的に夜歩く、というのはいまの社会では難しそうですが。もっと見つめ直せること、もっと素直に正直に生きることを学べたもしれないと。そういうことを大人になっても感じさせてくれる作品です。

恩田陸さんの著書はたくさんあって、ジャンルもいろいろですが、この本ははじめて恩田陸さんの本を手に取る方におすすめしたいです。

響子さんの評価:

『歩行祭』これが全てなのかなぁ、私は何時の間にやら一緒に歩いているような気になっていました。

読み終わる頃には物凄い良い疲れ(達成感?満足感?)がありました。一気読み出来るスピード感のある作品では無いです。

私自身、車の免許を持っていない事もあり2時間~3時間は平気でテクテク散策するのが大好きな人間なのですが、歩行祭の名の下に80キロ歩くのはやった事が無いのです。想像力(妄想力?)が掻き立てられて凄く不思議な体験でした。

恩田陸さんの文章は透明感があり読んでいると、自分に重なる感じが何度も何度もあり不思議でした。癖が無いと言うのが正しいのでしょうか、素直に小説の世界に入って行ってしまう不思議を色んな人に体験して欲しいです。

凄くワクワクドキドキするんだ~!面白いんだ~!と言うのと少し違う不思議な一緒に歩く感覚(ある意味では面白いしドキドキワクワクするかもですが)を体験して欲しいのです。

歩く小説の説明を終わります。

イックさんの評価:

 この小説を読んで私はスティーブンキングのロングウォークを思い浮かべました。どちらもただ歩くということがテーマになっている小説です。

 ただキングの方はホラー小説でしたが、こちらは高校最後のイベントである「歩行祭」を描いていて、全校生徒が夜通し80キロ歩くという北高の伝統行事です。

 

 80キロというのはかなりの距離ですよね。毎年行われる24時間テレビでランナーが走る距離に匹敵します。でも徹夜で歩くのなら歩けない距離ではないし、歩くという行為は不思議と考えがまとまり、それが夜なら案外楽しいかもしれないとこの小説を見て思いました。

 この物語の登場人物である甲田貴子はある誓いを胸に歩行祭に参加し三年間の想いをぶつけるんです。特に大きな事件や見せ場はないのですが、淡々を進んでいく物語にのめり込んでしまいました。西脇融の視点での展開も興味深いし、とても読み応えがある青春小説だと思います。

 淡々とした心理描写だけでここまで魅せてくれるのはやはり恩田さんの作家としての力量だと分かり、本当にスゴイ作家さんだと読み終わった後に実感します。

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

2005年度本屋大賞部門の他の書籍

2005年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別