本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

怒り

怒り 上

怒り

吉田修一

2015年度本屋大賞部門
第6位

クチコミ( 1

殺人事件から1年後の夏。房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現われ、大手企業に勤めるゲイの優馬は新宿のサウナで直人と出会い、母と沖縄の離 島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。それぞれに前歴不詳の3人の男…。惨殺現場に残された「怒」の血文字。整形をして逃亡を続ける犯人・山神一 也はどこにいるのか?『悪人』から7年、吉田修一の新たなる代表作!

クチコミを書く

「怒り」 の評価/クチコミ

みっちーさんの評価:

吉田修一作品は、読書が苦手な私でもスラスラと読めるほど面白いものが多いのですが、この「怒り」は、本当に最後まで読みごたえがある小説でした。

「怒り」はどういう形で表現されるのだろう?と考えながら読んでいたのですが、予想していなかった物語の展開に、さすが芥川賞作家と思わずにはいられませんでした。

ある殺人事件の指名手配犯にまつわるストーリーなのですが、普通であれば、警察が犯人を追いつめていく展開が軸になっていたり、主人公が事件を解決していくパターンが多いと思うのです。

しかし、この「怒り」では、事件を追いかける警察は登場するものの、彼らが主人公というわけではないのが面白いところです。

犯人には、頬に3つのほくろがあったりするなど、いくつか特徴があり、指名手配写真も一般公開されます。そんな中、まったく共通点のない登場人物たちが、それぞれ、犯人に似た男に関わって生活をしていきます。もしかしたら、この男が殺人犯?と思わせる場面がたびたび出てきます。実際には、犯人ではないにも関わらず、疑ってしまうケースもあったりして、読んでいても緊迫感があります。

読者としても、誰が犯人と関わっているのかが分からないところが、この作品の面白いところです。

実は、すべてが男の形跡であるとも考えられるので、読んでいても続きがとても気になります。

最後の最後で、「怒り」が思いがけない形で表現されるのですが、現代の社会に何か通じるものがあるような気がしました。上下巻ありますが、あっという間に読み終わります。

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

吉田修一 の他の書籍

吉田修一の作品をもっと見る >

2015年度本屋大賞部門の他の書籍

2015年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別