本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。

最後の恋-MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。

最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。

伊坂幸太郎

2013年度

クチコミ( 0

男性作家による短編が7編を収録。

1、井坂幸太郎 僕の舟 2、越谷オサム 3コデ5ドル 3、朝井リョウ 水曜日の南階段はきれい 4、石田衣良 イルカの恋 5、橋本妨 桜に小禽 6、荻原浩 エンドロールは最後まで 7、白石一文

男は、とっておきの恋ほど誰にも見せない。本当の恋のクライマックスは、自分の心だけが知っている。忘れられない、忘れたくない気持ちはきっと、ひとりで大切にするものと解っているから―男たちがどこか奥のほうにしまいこんだ「本気の恋」。7人の作家が描き出すのは、女には解らない、ゆえに愛すべき男心。恋人たちの距離を少しずつ、でも確かに近づける究極の恋愛アンソロジー。

クチコミを書く

「最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。」 の評価/クチコミ

クチコミはまだありません。

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

伊坂幸太郎 の他の書籍

伊坂幸太郎の作品をもっと見る >

2013年度本屋大賞部門の他の書籍

2013年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別