本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

最悪

最悪

最悪

奥田英朗

2003年度

クチコミ( 1

不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。無縁だった三人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。比類なき犯罪小説、待望の文庫化。

クチコミを書く

「最悪」 の評価/クチコミ

グルヌイユさんの評価:

「最悪」っていうのは、こういうことをいうのだなとしみじみ思う。

日常の中で起こる、嫌なこと、苦しみ、ストレス。そんなものに、きゅうきゅう真綿で締め付けられるような日々。何とかして抜け出したい、でも抜け出す方法がわからない、普段信じていない神様仏様にすがるしかないような状態。

ここに登場する3人は、それぞれそんな状況に追い詰められている。

小さな工場の社長の川谷。人手不足のため、休日返上で安い仕事をコツコツこなしているが、倒産寸前。近所からは騒音がうるさいと苦情の毎日。取引先に新しい機械の導入を迫られ、断れないが資金もない。

大手銀行にコネ入社したみどり。仕事にマンネリしている普通のOL。だがある日支店長にセクハラを受け、そのことを友達に相談したことから予想外の大事に。

チンピラの和也。カツアゲなどでのらくら暮らしていたが、軽いノリでトルエン強盗をおこなったことで、ヤクザから目をつけられる。

甘い考えで、ずるずる深みにはまる3人が交わると・・・。

前半は、ああ、そっちへ行くと大変なことになっちゃうのに、という焦燥感と重苦しい暗さが続くが、3人が出会ったとたん、坂を転がるように話が進み、スラップスティックで軽妙なエンターテインメントと化す。このバランスが絶妙!奥田英朗、はずれなし!

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

奥田英朗 の他の書籍

奥田英朗の作品をもっと見る >

2003年度本屋大賞部門の他の書籍

受賞年度別

著者別