本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

満願

満願

満願

米澤穂信

2015年度本屋大賞部門
第7位

クチコミ( 1

人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーラ イターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。

クチコミを書く

「満願」 の評価/クチコミ

ako062さんの評価:

6作の短編からなるミステリー小説です。1つ1つの物語は独立していますが、どれも共通点を持っています。それは物語の結果に描かれる闇の部分です。主婦、サラリーマン、美人姉妹など、普通の人々の心の中に潜む闇をの部分をリアルさ満点に描いています。

この短編集では、トリックのようなものはありません。大げさな設定もありません。純粋に人間そのものを静かに表現しているだけです。ただ、ひとりひとりの登場人物の心が怖いのです。結末にその心の闇が判明すると、何ともイヤな気持ちになります。表題作の「満願」では、その結末にそんなことで?というのが第一印象でした。

でも私にとっての「そんなこと」は主人公妙子にとっては、自分の人生の8年間と引き換えに守りたかったものです。なぜ守りたいかを言及していないところも、想像を掻き立てられます。

全編、リアルで怖い作品集です。この怖さは作者である米澤穂信氏の書かれる美しい文章にあると思います。中でも「柘榴」は、美人姉妹が持つ偶像をへの歪んだ愛の正体を恥美的な文章で描き出しています。優雅で残酷な少女の一面を描いた2008年の作品「儚い羊たちの祝宴」に通じるところもあります。

閉じる

コメントを投稿する

※投稿されたコメントは管理者のチェック後、サイト上に反映されます。内容に依り削除・編集させて頂く場合が御座います。

送信する

米澤穂信 の他の書籍

2015年度本屋大賞部門の他の書籍

2015年度本屋大賞部門ランキングを見る >

受賞年度別

著者別