本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

うつうつ

うつうつ

今迄どちらかと言えば西洋的な話が多かった梨木香歩さんにとってはなにやら今までとは雰囲気の違う話だなぁというのが一番の思いでした。しかし、やはり中身は「梨木ワールド全開」でした。

 不慮の死を遂げた友の関係で古い家に住むようになった主人公の前に現れるカッパや気持ちを伝えようとするサルスベリの木、そして掛け軸の中に書かれた船に乗って出てくる友・・・。

一見「怪談」のようにも思える話ではありますが、その柿ぶりや雰囲気作りのうまさからなのか、全ての事が何か日常の当たり前の事の一部分のように思えて仕方がなく、すこしも不思議さを感じることなく「へぇそんなこともあるのか」というくらいで本当に「梨木ワールド」の世界に浸って、話を楽しむことができました。

 この話の中で出てくる、主人公に気を寄せる「サルスベリの木」というのがとても気に入ってしまい、自分の庭にもサルスベリを植えてしまいました。残念ながら疎水とつながったような池はなく、かっぱがさらをみせるようなことはうちでは不可能です。でも、何度もこの話を読んでいるうちに「そのうちこんな風なところに住んで、こんな雰囲気の中で暮らしてみたい」と真剣に思うようになってしまいました。

 さいきん続編の「冬虫夏草」という本が出ています。まだ読んではいませんが、磨読んでしまうとまた、「うちの庭を何とかしたい」「こんな雰囲気の中で暮らしてみたい」という欲求が高まるのだろうなぁと、期待しています。

2015年1月21日

受賞年度別

著者別