本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

かばのシャーロット

かばのシャーロット

色々なシチュエーションでの虐待の話です。

ただ、救いようがないわけでなく、希望の明かりがほんのり見えるので読後感は悪くないです。

しかし、その救いの手がどれも少し凡庸に思えて、心から感動するということはありませんでした。

もっと残酷で見てみぬふりをせざるを得ない現実があるので、「そんな甘くない」って思ってしまいました。

そういう意味では、理想を書いた小説なのかもしれません。

でも私がこんな風に感じるのも、現在当事者じゃないからでしょう。

もし育児ノイローゼに陥っていたり、介護地獄の真っ只中にいるならば、身につまされてとても読んでいられないと思います。

そういう意味では、虐待には縁遠いような中高生に読んでもらいたいと感じました。

世の中にはどうしようもなく辛い理不尽なことがあるということ、でも必ず誰かが見ていてくれる、手を差し伸べてくれるという希望をもてたら、未来への恐れが少しなくなるかもしれないと思ったからです。

2015年6月4日

受賞年度別

著者別