本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

かばのシャーロット

かばのシャーロット

大ヒットした作品で、読み物としては大変面白いのですが、感情移入は出来ませんでした。

まず、主人公の希和子の気持ちが全くわかりません。

不倫の果てに相手の妻の子どもを盗むのは、当然非難される犯罪行為でしょうが、それ以前に、乳飲み子をいきなり連れ帰って育てることなど不可能だと思ってしまうのです。

赤ちゃんはそれほど繊細で庇護の必要な生き物です。

保護者の適切な世話なしには数日も生きながらえることはできないでしょう。

本の感想からは離れるかもしれませんが、育児はそんな甘いものではないというのがまず念頭にあるため、希和子はじめ登場人物に感情移入することはできませんでした。

それにもし希和子に人並みの母性があるならば、自分が誘拐して4歳まで育てたせいで、薫こと恵理菜のその後の人生を狂わせた事実に耐え切れないと思うのですが。

やはり希和子は自己中心的で、4年に渡る育児ごっこを楽しんでいたとしか思えないのです。

こと育児に関しては、同じ作者の「森に眠る魚」のほうがずっとリアルで共感できると感じました。

2015年6月4日

受賞年度別

著者別