本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

きれぎれ

きれぎれ

アダルト産業界隈のどうしようもない人達が織りなす連作短編集です。一見すると成功体験が無い人達が溺れながらもがきながら生きていく様を描いたようにも負の連鎖を明るく写したようにも見えます。実のところよく分かりません。ただどちらの内容でも得られた感想としては、迷路のような人生の中で袋小路に進んでしまっても空は抜けているということ。それに希望を抱くか羨んで現状を憎むのかは見た人次第だということを感じました。

各パートに視点を移してみると官能小説さながらの猥褻エピソードの連発です。どちらかというとシモネタ的な内容なので笑ってしまう事も多いかと思います。ただやはり全体を通して見てみると…といった印象です。

普段奥田英朗作品はヘラヘラ笑いながら読むことが多かったのですが、この作品に限っては悲しみの方が強かったですね。

ララピポのタイトルはその他大勢という意味のa lot of peapleから付けたそうなのでそれを思うと尚更切なさがこみ上げます。

2015年5月13日

受賞年度別

著者別