本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

ぐらん

ぐらん

天才的な数学者は、弁当屋で働いている女性の殺人を隠蔽しようと協力する。彼はその事件に巧妙なトリックを使った……。探偵ガリレオシリーズの一つですが、この本だけ読んでも大丈夫です。他の作品を見ていなくても十分楽しめます。

究極の自己犠牲の物語。自己犠牲で終わる話はあまり好きではなかったのですが、この本の結末は「ここまでやってくれるのならもうどうしようもない」という感じでした。ああいう行いを純愛と言いたくはないのですが、それでもすごい執念でした。この人のためなら自分はどうなってもいい、と思う人を前に、警察や探偵は無力なんだと感じました。

トリックも純粋にびっくりしました。なんとなく結末は予想してたんですが、トリックは予想ができませんでした。これはネタバレなしで読んでほしいです。驚くことまちがいなしです。

文章もしっかりしていて読みやすく、読破するのにそれほど時間はかかりませんでした。非常に面白い作品でした。

受賞年度別

著者別