本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

こころちゃん

こころちゃん

最初のうちは出てくる人物の誰もがイライラするような人物に描かれているような気がした。特に、「対岸の彼女」をみている側の彼女の方がひどくイライラするような人物に描かれていた気がする。

ゆえによんでいてもとにかくイライラする本だった。でも、それが現実でもあるし、それが角田さんの本の醍醐味のような気もする。普通であれば見なくても良いようなそういう人の嫌なところをまざまざと見せられて、最終的にはそういう人たちから毒素が抜けていくというか、まっすぐになっていくというところを見れるというのは、実際の人生ではなかなか得ることのできない希望のような感覚を感じられて、非常に魅力的だった。

そういう感覚をもてたからか、よんでいた時にはずっとイライラしていても、最後にはそれらのイライラで苦しかった感情なんて忘れてしまいそうなスッキリした読後感を得られた。

本を読むときには読後のスッキリした感情を得たいという方には非常におすすめできる一冊ではないかと思う。

受賞年度別

著者別