本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

こころ

こころ

ポップな文体に、わかりやすいテーマの本ではあったが、全体的にふわっとしていて、本を読んでいるという感覚よりは、絵のない漫画を読んでいるという感覚の方が正しいように感じた。

つまり、どことなくライトノベルっぽい感覚が、全体を通してずっと漂っていた。だからというわけではないが、全体的に浅いような気がしてしまった。登場人物の誰にもさして感情移入できるわけではなく、どこに感情を置いたら良いのかというのもわからなかったし、呼んでいて特になんの感情もわかないままただただページをすらすらとめくっていた。

そういうこともあるので、純粋にエンターテイメントとしての文学や、活字に心の隙間を埋めてもらおうとか、そういう目的で本を手に取るという人にはあわないのではないかと感じた。

反対に、分かりやすい話の読みやすい本を読みたいという方や、普段はあまり本を読まないけどこれから本を読むような習慣をつけていきたいという人には非常にぴったりな本なのではないかと思います。

受賞年度別

著者別