本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

こっこ

こっこ

1991年に芥川賞を受賞した「妊娠カレンダー」の頃の著作は、呼吸が苦しくなるほどの悪意に満ちていました。

端正で静謐な物語に仕込まれた毒にすっかり魅了され、まさしく中毒したように読んだものです。

それから時が経って、作者はあまり悪意を鋭く描かなくなったようです。毒は浄化され、静かで美しい物語をつむぐようになりました。

記憶が80分しかもたない世捨て人のような数学者と、とまどいながら世話をする家政婦とその息子。

それぞれ背負った悲しみをいたわりあいながら築いてゆく、ガラス細工のような関係。

そして、そこに交錯する数学者の兄嫁。彼女もまた深い悲しみを負った人であった・・・。

どうしようもできない悲しみが響きあうこの作品は、悲しいだけではなく、静かな優しい光を放っています。

数学を語る言葉も美しく、それが一層博士の消えてゆく記憶と永遠なものとを残酷なまでに対比させます。

初期作品の毒も懐かしいけれど、災害やらつらい現実であふれているこの時代、こういう物語もいいなと思います。

作者の年月の来し方が思われる作品です。

2015年1月22日

受賞年度別

著者別