本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

じょえたす

じょえたす

人気作品の8作目なのだが、8作目とは思えないほど新鮮なテーマだった。

登場人物もいつもの顔ぶれなのだが、この作品は、僕の大好きな榎木津探偵と小説家関口の二人が中心となって展開するという意味でも楽しめた。

当作品でメインの話題となるのは儒学と、事象の認識の差。

推理小説仕立てで話題にするテーマの意外性に、この作品のシリーズでは散々驚かされているが、今回もしっかりと驚きつつ読むことが出来た。

また、個人的に「姑獲鳥の夏」以来、ここまでしっかり小説家関口が活躍する作品はなかったように思う。

「姑獲鳥の夏」の頃の陰鬱とした雰囲気から、少しだけ成長のようなものを感じ取る事が出来るという意味でも、僕にとっては嬉しい作品だった。

作品の文字数が多い事でも有名なこのシリーズだが、展開の回りくどさに閉口するのはほんの最初だけで、読み進めるうちに全て設定背景として必要なものだと理解出来るようになるだろう。

そうして、回りくどさに耐えて理解が追いついてくると、普段なら全く馴染みのないテーマにも関わらず、ある程度の理解を持って読めるようになるのも、この作品の醍醐味だと思う。

2015年2月21日

受賞年度別

著者別