本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

じょえたす

じょえたす

伏線の貼り方と、その回収の仕方が見事な作品だと思う。

ある家族と、近くで起きる事件の話。

仲のいい兄弟と親子の話かと、ほんわかした気持ちで読んでいるとどんどん暗い展開になっていく。

展開の暗さが極まる部分では少し憂鬱な気持ちになるが、伏線回収の爽快感は、その暗い気持ちを一気に吹き飛ばせるくらい快感だった。

また、主人公兄弟の過去エピソードから感じる家族の絆の強さは、心温まるものが多い事はもちろん、その回想のタイミングが絶妙である。

少しずつ明らかになる兄弟の昔のエピソードは、切り出すタイミングのおかげで「ただの思い出話」程度で読めてしまうのだが、真相がいくつも散りばめられている事にあとで気付く。

そうだったんだ、そういうことかど納得しながら、後半はほぼ一気に読んでしまった。

また、人気者で万能な弟と、平凡だが弟思いの兄の描写はとてもよく出来ていて、映画化されたと聞いてDVDのパッケージを見た時は、思わず頷くほど印象に残りやすいものだった。

伊坂幸太郎作品として2番目に読んだ本だが、この本を読んでいなかったら伊坂幸太郎に嵌らなかったかもしれない。本当に引き込まれる作品だった。

2015年2月19日

受賞年度別

著者別