本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

じょえたす

じょえたす

村上春樹らしく淡々とした文章ながら、家庭のトラウマや宗教等ダークな問題や、不特定多数との性行為などのエロスが綴られ、知っているはずの世界は、作中の主人公たちと同じ視点で世界に入り込んでいく。

作品は主人公とヒロインの二人の視点で進む。

二人は元々知り合いではあるのだが、全く別の立場、観点から物語に関わっていく。

二人の別々の視点から、少しずつ物語に近づいていく様は、もどかしさと真相に迫っていく楽しさがあり、読書している時間を忘れさせるような中毒性があり、単行本3巻に分けて発売した長編小説だったにも関わらず、あっという間に読み切ってしまった。

主人公とヒロインは、幼いころに少しだけ接点があった。

その接点は、異世界に入り込んだ二人の間でひっそりと大事な思い出として残っていて、所々に現れたりもする。

色々と異常な事が起きる異世界で、幼いころの淡い恋を思い出しつつ、生臭い生活に身を投じる二人はとても目を引き付けるだろう。

この二人は、印象に残るという意味では村上春樹作品でも1,2を争うのではないかと思う。

2015年2月19日

受賞年度別

著者別