本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

にk

にk

スケール感が素晴らしいです。シナリオを改めて見直せば「支城のひとつが残った地方の話」なのであって、盛り上がりに欠くはずなのですが、エンターテインメント性が高く引き付けられてしまいます。

また、登場人物の造けいも注目出来ます。よくある「忠と義が……」みたいなキャラクタは少なく、主観的に動いているキャラクタ達の起こした行動で物語が展開していき、結果的にそれがキャラクタ達の個性になっているように感じました。

本作で描かれているのは北条勢なのですが、時代小説というと、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が中心になる事が多く、また、北条家が主役の場合でも早雲、氏康、氏政、風魔小太郎あたりが関の山で、なかなか成田長親が主役になる事はありませんでした。

この話を「石田三成が水攻めまでやったのに失敗した話」として描かなかったところからもやはりエンタメ性を感じさせます。

文体も中学生がすんなり読む事が出来ると思うので、出来るだけ多くの方に読んでいただきたい時代小説です。

受賞年度別

著者別