本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

ひろぽんばば

ひろぽんばば

とにかく、東川篤哉さんの小説は会話が楽しい。特に、この【なぞ解きはディナーのあとで】の宝生家のお嬢様麗子さまと執事の影山との会話は最高。恭しくお嬢様と立てつつも、最後にはズバッときつーい言葉を投げかけるのが、最高にユニークです。

執事の探偵という今までにない役柄の想定というのも、おもしろかったかも知れませんね。

肝心のなぞ解きに関する事も、”なーんだ”という気もするが、其々の話でなかなか考えられているものです。

他に学園物の作品にも、言える事のなのですが発想がその人柄を素直に投影させているのだいいのだとおもいます。

謎…においての、もう一人の主人公?は国立署の風祭警部の素っ頓狂な、殺人事件における推理がいい味を出しているのです。

本当に肩の張らない、推理小説です。今までのミステリーとは違う、新感覚のジャンルをうちあげてもいいのではないでしょうか。

学園物・探偵所物とそれぞれにユニークなキャラクタが存在していて、忘れられない主人公の達です。

これからも、何が出てくるかわからない主人公を期待しています。

2015年1月21日

受賞年度別

著者別