本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

ふるる

ふるる

京極夏彦先生の京極シリーズ短編集を除けば8作目の本です。今回は榎木津礼二郎と関口巽コンビが事件の真相に迫るとゆう話ですが、京極シリーズを読んだ方は大体おかしなことになるはたは例のごとく無茶苦茶にするだろうと思いますますよね。そのとりおり、榎木津礼二郎この男が絡んで物語の展開がまともに動くわけはなく、今回中禅寺秋彦は後半まででて来ませんなので礼二郎の独断場だから彼の破天荒な捜査のオンパレードです、それに付き合わされる関口巽、彼の不運には同情するより読んでて楽しいですある意味ギャグアニメですからね。京極シリーズの本は分厚く一見とっつきにくいかもしれませんが各本1000ページのものが多いですからね、しかし、このシリーズははまる人には嵌るでしょう出てくる人物は個性的な人が多いですからね。さて、今回起こるこの不思議な事件は二人の手でどこに向かうやら密室殺人その手口にどんな仕掛けがあるのか。引き込む面白さは相変わらずです。

2015年2月21日

受賞年度別

著者別