本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

まいく

まいく

この本はかなり複雑な感じで構成されているので初めはどういう話なのかを読み取るのは難しいかもしれません。というのも、異なる5人の視点からみた感じで話が書いてあるわけです。そして、それぞれ5人の視点から見た話というのは矛盾していてそのことが読んでいるうちに次第にわかってくるという感じです。私自身も初めて読んだ時はどういう話なのかということが読み取れず、なかなかスッキリとしない感じになってしまいましたが2回、3回と読み込んで行くうちに次第に筆者が仕掛けた罠というものがどういうものなのかがわかってきたのです。それが、わかってからはかなりスッキリとしてそれと同時にこれを書いた作者の方は本当にすごいんだなぁと感心させられたのを覚えています。割と難しい話なのでそんなに若い人が読むような読み物ではないと思いますが、シリアスな感じの話が好きな人には絶対読んでもらいたいです。また、自分が探偵になった気持ちで読んでいくのもかなり楽しいんではないでしょうか。

受賞年度別

著者別