本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

みかんちゃん

みかんちゃん

まるでハリウッドのアクション映画を観ているような、臨場感満載の小説です。

村上海賊というのは、戦国時代を描いた小説では時々目にしますが、この一族のことを書いたものは初めて読みました。同じ和田竜氏の「のぼうの城」も、あまりスポットライトを当てられることのない武将を描いた作品でしたが、こちら同様、登場人物達は個性豊かで、上下巻1000頁にも及ぶ大作も一気に読んでしまいました。

姫とは名ばかりの超おてんば娘が主人公で、織田信長と毛利家の戦い、大阪本願寺攻めを軸に話は進みます。村上一族は過去のいきさつから毛利側につきますが、織田方につく泉州(大阪)海賊との親交の場面や、船上での戦いの場面が頭の中にありありと浮かんできて、創造力を刺激されます。もしこれを映画化したら、姫役は「杏」が適役かなぁ・・とか考えながら、楽しく読みました。

またこれを読んでいる時期にちょうど、NHKのドラマ「黒田官兵衛」でも、毛利家との攻防の時期のシーンとシンクロしていたので、さらに興味が増したものでした。

和田氏が次にはどんな歴史上の人物にスポットを当てるのか、楽しみにしています。

2015年1月7日

受賞年度別

著者別