本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

やまもん

やまもん

話題だから読んでみましたが、なかなか読み応えがありました。

1つの事件を元に、主人公を変えたオムニバスなんですが、主人公が変わると、前の話で感じた印象と別の印象をもったり、そんなところが面白かったです。

ダメな人を更正させるために時間を割くより、普通に授業を聞いてる子に迷惑をかけない指導法は、マンガ「鈴木先生」に通じるものがあります。

「ダメな人でも必ず更生することができる」というような言葉がありましたが、これは疑問に思います。

もちろん、そうであってほしいのですが、そうでないのが現実な気がします。犯罪者の更生プログラムって、すごく難しい問題だと思います。

それよりは、一人一人がきちっと子育てをして、犯罪者にならない環境を整えるほうが、まだ簡単な気がしますが、それはそれで難しいことなのでしょうか。

映画化も評判だったので、見に行きましたが、小説と違って、ぴんときませんでした。

現代の子供の息苦しさと気持ち悪さばかりが感じられて、つら~いかんじになりました。

受賞年度別

著者別