本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

りすさん

りすさん

南米のある村で、反政府ゲリラによって人質にされた日本人8人が、
拘束されている間に1人ずつ朗読をする、という激しそうな設定ですが、これはあくまでも人質一人ひとりの体験談なので、どこにでもありそうな、
日常生活の中での話が続きます。

激しい環境の中での静かな話、という対比が見事な作品だと思いました。

この人質事件は架空の話ですが、静かに淡々と、主観を排除したような文章で事件の流れが
語られるので、作り話と分かっていても、現実の話のように思えてきます。

人質一人ひとりの話も、すべて静かに語られるのですが、人質にされていつ殺されるかも
分からない、といった状況下で、この人たちはどういう心境でこの話をしているのだろう、
聞いている他の人たちも、どういう心境で聞いているのだろう、と想像せずにいられません。

反政府ゲリラたちも、この人質の話をどのように聞いたのだろうか、と
本に書かれていない部分への想像がどんどん広がっていきます。

書かれていないからこそ、想像力をかきたてるのだと思います。

読み終わった後も、心の中にずっと静寂が続くような気持ちでした。

2015年1月23日

受賞年度別

著者別