本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

りすさん

りすさん

読んでいる時も、読み終わった時も、とてもすっきりとした気持ちになれる本でした。

「明察」というのは正解という意味で、安井算哲(のちに渋川春海)という
江戸時代に実在した主人公が、日本にぴったりと合う正しい暦を完成させるまでの話です。

水戸光圀、保科正之などの歴史上有名な人物が多く登場し、歴史好きの人にももちろんおすすめですが、
テーマは主人公が長い間、失敗を重ねながらも一つのことを成し遂げるという話で
時代背景が分からなくても大丈夫だし、そんなに難しくないので、歴史小説はあまり好きではない、
という人も楽しめると思います。

主人公が失敗を乗り越えて成長する話という話はよくありますが、
この安井算哲という人はもともとの職業は囲碁を打つ人で、その分野では成功していて、
それに加えて算術や天文学に関する天才的な才能を持っていて、そんな人が、大きな目的を完成させるまでにこんなにも苦しんだのか、というのが
読んでいて主人公を応援したくなる気持ちにさせました。

受賞年度別

著者別