本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

わらこい

わらこい

小学生のアオヤマくんは、大人に負けないほどいろいろなことを知っている。それは毎日きちんとノートをとるし本もたくさん読むからだ。そして彼の住む町に突然ペンギンが現れる。歯科医院のお姉さんがそれに関わっていることを知ってその謎を研究することにする。

私は少年たちの物語は大好きだ。自分が小学生だった頃を思い出すというより、自分とは別の子供時代への憧れなのかもしれない。とにかくこの小説ではアオヤマくんのまっすぐな気持ちと真面目さに心打たれる。世界には解決されなくてもいい問題もあるとアオヤマくんのお父さんは言う。だけど彼はそれを解決せずにはいられないのだ。たとえそれがどんなに理不尽であっても。どんなに悲しいことであっても。そして少年は大人になっていくのだろう。そしてさらにその先を目指してお姉さんに再会できるまで、世界の果てまでまい進し続けて行くのだろう。どこまでもまっすぐに。「ぼくは泣かないのです」と言ったアオヤマくんに涙してしまうのだった。

受賞年度別

著者別