本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

イック

イック

春が落ちてきたそんな独特な一節で始まるこの小説が、私は伊阪幸太郎さんの作品の中で一番好きだったりします。基本的に私は勧善懲悪な物語が好きだったりするんです。

 だから名探偵が出てくるミステリーなどがその最もたるもので、名探偵が全ての謎を解決して終了するのですから非常に分かりやすくて、尚且つ名探偵は犯人にも被害者にもならない絶対的な安全圏にいる中立者なんです。

 

 しかしこの重力ピエロはそうではありません。どこか曖昧で何が正義なのか断言することは難しい。物語の中で春が「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」と言っている通り春自身がレイプの末に生まれた子でありながら、様々な葛藤を抱えて生きていて、それでも前を向いている姿がカッコイイと思います。

 このタイトルは空中ブランコの際にピエロは一瞬だけ重力を忘れることができる様に困難な事柄も越えることができるという著者の信念が込められていて、私自身もそんな風に物事と対面することが出来たらいいなとこの小説を読み強く思いました。

2015年2月18日

受賞年度別

著者別