本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

ジュンヤ

ジュンヤ

物語は致死率の高い謎の病にかかり生き残った男と、その病原について研究を志す若い研究者の2人の視点で描かれ物語は進行します。

男は自分が生かされた理由を考え続け、研究者は研究者として自分の成すべきことは何なのかという自問を繰り返しながら、二人の人生が交錯し始めます。

社会の構造が複雑化の一途をたどる一方で、人間が生きていくことのの意味という、一種哲学的な疑問というものは、この現代においてもほぼ不変であることを思い知らされます。

人間が生きること、死ぬこと、病むこと、回復すること、迷うこと、進むこと…

壮大な世界観の中で、2人の主人公が感じ、考えていることを読者にダイレクトに訴えかける力強い作品でした。

舞台が、仮想の世界であるためファンタジーの要素も強く、読者を勢いよくけん引して物語の中へ引き込まれます。

結末が象徴的で、主人公らが物語の後にどのような生き様、あるいは死に様を辿るのか、読み手の想像次第です。

長い余韻を残してくれる良作でした。

2015年10月1日

受賞年度別

著者別