本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

私の男

私の男

初めて手に取った桜庭作品。

独特の世界観にただただ引き込まれてしまいました。

この物語を一言で言うなら、「お父さん」と「娘」のどこかいびつで屈折した愛憎物語。

けれどそんな単純なものでは全くないことは、読んでいただければわかります。

話のはじまりは娘が結婚式をあげる「現在」。

娘の視点で、男手ひとつで育ててくれた父からの巣立ちが描かれます。

そこから、お父さんの視点であったり、2人に関わる第三者の視点であったりと時代と場面をかえながら、

物語は2人が出会った「過去」に遡っていきます。

時には本当に仲良しな普通の親子に見えますが、時にはなぜか「男女」に見える2人の関係。

その描き方が異様に生々しく、また2人には2人だけの世界、誰も入り込めない世界があるのだということが読み進めるうちにヒシヒシと伝わってきます。

そして終盤。

ついに2人のいびつな関係の原点までたどり着いた時、私は衝撃のあまり悪寒が走りました。

人と人を結びつける絆というのは、場合によっては恐怖すら感じるものなのかもしれません。

正直、好き嫌いの分かれる作品だと思いますが、怖くて美しい物語です。

2015年1月31日

受賞年度別

著者別