本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

紫猫

紫猫

いったい、この人はなぜこんな奇妙奇天烈なことを考えつくのだろう。

前作の「鴨川ホルモー」でも度肝を抜かれたが、2連続でこう驚かせるとは。(というか、その後も驚かされ続けている。)

ひょんなことから、期間限定で女子高の教師となることになった主人公。しかし初日から、ある女生徒に反抗的な態度をとられ、前途多難。挙句の果ては鹿に話かけられ、命令され、鹿にされる。

普通だったらこんな設定、受け入れられない。なのに、読むのを止めよう、という気には全くならず、、読んでいるうちにだんだんすんなり受け入れらるようになってくる。

ページをめくるたびに、目の前に情景が浮かんでくる。知らないはずの奈良の町や、学校の体育館、剣道の竹刀のぶつかる音・・・いろいろなシーンが不思議なくらいすんなり浮かんでくる。

この人の作品が多く映像化されるのは、そんな描写がクリエイター魂をくすぐるのかも。

そして個性的な登場人物たち。主人公も魚顔の女生徒もシカさえも、えもいわれぬ不思議な魅力を持っている。

最後まで読み終わったあとも、この物語から立ち去りがたくて、心はまだ、物語の中の駅のホームに取り残されたままでいるような気がします。

2015年2月19日

受賞年度別

著者別