本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

asa.com

asa.com

瀬戸内の小さな離島「冴島」。

フェリーを使って本土の高校に通う朱里、網元のクールビューティー衣花、演劇青年一途の新、ホテル経営で東京から父と来た源樹。

小さな島ならではの風習や付き合い。Iターンでやってきたシングルマザーや青年。

大人たちに囲まれ、たくさんの眼に見守られ、島で育ち、島を思いながら、高校を卒業したら島から離れていく・・・。

そんな微妙な年ごろ4人を、しっかりと丁寧に描いています。ストーリーが淡々としていても、本をめくる手が止められないのは、彼ら4人と彼らが暮らす島の魅力に惹きつけられるから。

最後、衣花も朱里もかっこいい!!

ラストまで読んでから「島はぼくらと」のタイトルにもう一度想いを馳せ、表紙のイラストを見かえせば、爽やかな風と潮の香りの余韻を感じます。

新と源樹の二人はどうしているだろう。今頃、冴島はどうなっているだろう。そんな温かな想像力をかきたてられる。

実力ある本というのは素直な本なのだなぁと実感。

2015年2月19日

受賞年度別

著者別