本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

KURI

KURI

 濡れ衣なのに首相を暗殺した犯人として追われ続ける主人公、青柳雅春と一緒に最後までドキドキし、「犯人じゃないのに追われ続けるなんて」「なんとかならないの?」「どこかで濡れ衣だったとわかってもらえるの?」とせつなくなりました。

 伊坂幸太郎さんの作品は登場人物や時間、場面が様々なところから始まるので、初めは短編小説の集まりかと思ってしまうぐらいで読んでいくのに少し根気がいるのですけれど、読み進めるうちにひとつひとつつながっていくおもしろさは格別です。

 主人公の青柳雅春の人柄ゆえか、いろいろな人が助けてくれ、たとえそれがうまくいかなくても、「人はそこまでしてくれるんだ」と胸がキュンとします。その中でも大学時代の恋人だった樋口晴子は、他の人と結婚して、4歳の娘もいるのですが、その芯の通った行動には青柳雅春を助けてほしい願いを受け取ってくれているようで自分のことのようにうれしくなりました。

 そういう結末しかないのか、と少しさびしいところ、最後には、ほわっとしたやさしさもつけ加えられていて、伊坂幸太郎さんの多数ある著書の中でも大好きな作品のひとつです。

2015年11月21日

受賞年度別

著者別