本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

matka

matka

ほんとうに大切なものはなんだろうと、この本を読んでいる間じゅう、考え直すことができました。

私も主人公や、主人公の母と同じように、死ぬまでにやりたいことリストを作っています。

この本の中で、実際に自分がいつ死ぬと分かった時に、そのリストに自分が書いたことは、果たしてほんとうに叶えたいことなのか、考えるシーンがあります。

もしかしたら、リストに書き出したこと以外に、もっと大切なものがあるのではないか、そう私自身も考え直してみました。

もし今日死ぬと分かったら、私はもうこの世界から消えて無くなるのだから、この世界に残された大切な人のために、何かしたくなるものなのかもしれないなと、考え方が変わりました。

人は死ぬとき、死神を見るのか、それは私にもわかりません。

ただ、自分の中に悪魔がいるのかもということは、なんとなく分かります。自分の中の善悪が戦う感覚を味わった方は、私だけではなく、たくさんの方が経験しているかと思います。

あまりそんなことを深く考えることもなかったのですが、

この本を読んで、死というものに向かう姿を客観的に見たことで、

私の中を見つめ直すことができました。

内容はあまり難しくないので、小学生の方々にも是非読んでいただきたいです。

受賞年度別

著者別