本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

nisi

nisi

 学校を舞台にしたサイコホラー作品。一見誰からも愛される高校教師の蓮見は、とびきり優秀だが普通とはかけ離れた倫理感の持ち主だった。善悪のボーダーが無いと言ってもいいかもしれない。そして蓮見はたぶん人を殺すのが好きなのだ。その「楽しみ」を続けるために教師の仮面をかぶって物色し、怪しまれない範囲で殺人に手を染めていた。つかまってしまっては「楽しみ」は続けられないので、その辺も考慮しながらうまくやっていたのだが、ひょんなことからそれが露見しそうになり、証拠隠滅のためいっそひとクラス皆殺しにしてしまおうと思い立つ。それは蓮見にとってはとても面白い狩のゲームで、蓮見の正体に気が付き始めていた一部の子供も含めて狩り出していく。最終的には蓮見の裏をかいて生き残った生徒たちがいたことで逮捕されるが、その子供たちに向かって「よく生き残った」と言った蓮見の言葉は、警察を欺く善良な教師としての言葉ともとれるし、自分の始めたゲームに勝利した生徒への賞賛の言葉とも取れる。そして最後に連行されていく蓮見は、精神がおかしくなってしまったかのような言動を始めるが、それすらも蓮見にとっては新しいゲームの始まりなのではないかと思わせる描写で幕を閉じる。生還した生徒が勝ったようにも見えるけれど、結局ずっと楽しいままの蓮見のひとり勝ちのようにも思われ、背筋の寒くなるようなラストだった。

2015年2月19日

受賞年度別

著者別