本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

クチコミ一覧

華子さんの評価/クチコミ

評価:

初めて読んだ有川浩さんの作品がこちらで、個人的に図書館戦争より強く印象に残っています。OLの女の子のアパートの前に、突如現れたイケメンが『僕を拾ってくれませんか…

2015年9月23日

まこさんの評価/クチコミ

評価:

『誰か - Somebody』に続く杉村三郎シリーズの第二弾ですね。前作も読んでいたので、一も二も無く購入し、一気に読了しました。 今回も、お人好しでお節…

2015年9月20日

弥生さんの評価/クチコミ

評価:

私がこの本を知ったのは、映画パンフレットがきっかけでした。 内容が気になったものの、邦画を観たくても観られない事情がある自身は図書館で原作を借りる事にしま…

2015年9月19日

ako062さんの評価/クチコミ

評価:

6作の短編からなるミステリー小説です。1つ1つの物語は独立していますが、どれも共通点を持っています。それは物語の結果に描かれる闇の部分です。主婦、サラリーマン、…

2015年9月15日

ゆゆさんの評価/クチコミ

評価:

箱根駅伝をテーマにした作品です。 三浦しをんさんの作品はキャラクターが面白い事で定評がありますが、この作品でもその良さが表れています。 主人公だけで…

2015年9月15日

conaさんの評価/クチコミ

評価:

京極堂シリーズの第8弾。1冊目から読み続けているのでいつものことですが、手に取った瞬間に相変わらずのボリュームに圧倒されます。読む前から読み応えを感じられるのは…

2015年9月12日

ハルさんの評価/クチコミ

評価:

上巻、下巻の二部作にわかれている大作ながら、1日で一気に読んでしまいました。 一度も休憩することなく、ラストシーンまで一気に引き込まれてしまう文章力はさす…

2015年9月12日

ひろきさんの評価/クチコミ

評価:

沢山の惚れる人が出てくる爽快感溢れる作品でした。 作品はライトノベルと呼ばれるタイプになっているので、従来の小説をイメージしていると少し違和感を感じるかもしれ…

2015年9月12日

ハルさんの評価/クチコミ

評価:

ジブリアニメでおなじみのもののけ姫の様な世界感にも似たものを感じる作品です。 読み終わった後に何とも言えない余韻があります。 はっきりとした答えが見…

2015年9月2日

華子さんの評価/クチコミ

評価:

図書館で借りて読みました。初めはあまりのページ数の多さや、展開を理解することが難しく、なかなか内容が頭に入ってこなかったのですが、中盤から面白さが一気に加速。ま…

2015年8月30日

睡蓮さんの評価/クチコミ

評価:

梨木香歩さんは一番好きな作家さんですが、中でも1位か2位?!くらいに大好きな作品です。 本には記されていませんが、時代背景は明治から昭和初期?くらい。文章…

2015年8月30日

弥生さんの評価/クチコミ

評価:

簡潔なタイトルとシンプルな装丁、それでいて何故かゾクッとするような雰囲気に惹かれました。 そして読破して驚いたのが、終始ほぼ主人公の台詞だけだった事。つま…

2015年8月25日

アラサーパパさんの評価/クチコミ

評価:

内容的にはサイコパスの人間を描いた面白い発想の本だなとは思うのですが、どうしても人を平気で殺していく内容にショックが強すぎて一応最後まで読みましたが、後味の良い…

2015年8月25日

まこさんの評価/クチコミ

評価:

『となり町戦争』がとても面白かったので、一も二もなく購入し、一気に読了しました。 感想は、微妙ですね。『となり町戦争』もそうなのですが、この作家の想像力や…

2015年8月23日

桜桃さんの評価/クチコミ

評価:

死神というと大鎌を持って現れる西洋のガイコツの死神や、日本の人に取り憑くといわれる死神など、人間離れした不気味な存在をイメージします。 しかし、『死神の精…

2015年8月18日

たかさんの評価/クチコミ

評価:

映画化された小説で、映画を見たこともなく、小川洋子作品も読んだことはなかったのですが、手にとって素晴らしい作家三田と分かるのに時間はかかりませんでした。まず感じ…

2015年8月11日

さつきさんの評価/クチコミ

評価:

古本店を舞台としたミステリです。 表紙を見るとライトノベルっぽい雰囲気ですが内容はミステリとしても非常に読みごたえのある物でした。 古本店と…

2015年8月5日

蒼汰さんの評価/クチコミ

評価:

警察小説といえば、横山秀夫の右に出る者はいないのではなかろうか。その著者が、前作から七年という長い時をかけ書き上げた長編小説が『64(ロクヨン)』である。 …

2015年8月1日

alohaさんの評価/クチコミ

評価:

辞書の編纂にかかわる人たちのお話。 この小説を読むまで、辞書を作る人のことを考えたり、想像すらしてみたりすることもなかった。 作業自体はとても地道で…

2015年7月27日

睡蓮さんの評価/クチコミ

評価:

ひとつの家族のお話。お父さんとお母さんと、男の子2人、その下に女の子1人の3人兄妹と、犬という、よくある普通の構成の家族のお話です。西加奈子さんの本は、私の中で…

2015年7月25日

イックさんの評価/クチコミ

評価:

この「告白」という作品は奏かなえさんのデビュー作であり「週刊文春ミステリーベスト10」の1位に輝き本屋大賞1位となった作品で映画化もされた話題作なのでかなり期待…

2015年7月18日

yasunagaさんの評価/クチコミ

評価:

原作を読んでから、映画を見たので、ちょっと映画は物足りなさを感じますが500ページの原作を140分にまとめた、中村義洋監督凄すぎます。とりあえず、原作の帯からあ…

2015年7月12日

みっちゃんさんの評価/クチコミ

評価:

私はこの本を図書館で借りて読んだのですが、「自分で買って手元に置いておきたい」と感じた本でした。 森見 登美彦さんの本はまだこの一冊しか読んだことがないの…

2015年7月7日

aoさんの評価/クチコミ

評価:

財閥のお嬢様なのに刑事になった宝生麗子は状況から簡単に推理してみせます。 執事の影山は現場を見ていないのにその概要を聞いただけで、「失礼ながら、ひょっとし…

2015年7月3日

るんださんの評価/クチコミ

評価:

本を手に取っての第一印象は象徴的な表紙だな、ということ。 話題になってしばらく経ってから読んだので、父と子の話しだとは知っていました。 また、桜庭一…

2015年6月30日

幸四郎さんの評価/クチコミ

評価:

小川洋子は、同世代の作家として、今でも読み続けている作家の一人である。 彼女の透明感のある伸びやかで柔らかな文章は、この作品でも余すところなく披瀝されてい…

2015年6月27日

華子さんの評価/クチコミ

評価:

ページ数と題名に惹かれて読もうと思ったのが、この本との出会いのきっかけです。今思えばちょうど今の自分の気持ちにピッタリな一冊でした。ページを開いて数ページ読んだ…

2015年6月23日

弥生さんの評価/クチコミ

評価:

こちらも映画パンフレットがきっかけで、図書館で原作を借りた口です。 予約する際に単行本3冊というのは分かっていたのですが、いざ借りる時にその分厚い事と言っ…

2015年6月20日

coyさんの評価/クチコミ

評価:

久しぶりに読んだ小説ですが、これは本屋大賞を受賞するだけあり、当たりでした! パリに発生した1件の誘拐事件。異常とも思える犯人の拷問から、瀕死寸前のところ…

2015年6月18日

さつきさんの評価/クチコミ

評価:

アニメ業界の裏側である制作サイドを舞台とした小説です。 実際のところは分かりませんが、小説はよく取材をして書いているなと感じました。 視聴者サイドか…

2015年6月17日

受賞年度別

著者別