本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

papizou

papizou

きみはいい子は連作ですが、べっぴんさんが心に残りました。主人公は母親の私と娘のあやねですが、公園ではママ友の前では優しいお母さんを演じていますが、家に帰るとあやねを虐待しています。この辺りはよく聞くこともあるので時代背景により増えているのかなと思っていましたが、あやねが公園から家を帰らない場面で、すこしうるりときました。本来安心できる家庭より、外の公園がすきとは切なすぎます。友達であるはなちゃんの家に2人で遊びに行きますが、ちょっとしたことで娘を虐待していることをはなちゃんのままに悟られます。どうなるのかなと思っていたら、はなちゃんにではなく、母親の私に抱き付きます。母親である私も自分の母親に虐待されていたことにはなちゃんままは気づきますが、自分も同じ環境で育てられていたからです。はなちゃんままはとっくに気が付いていて見守っていたことがわかりました。

この場面ではすべての登場人物が傷ついていたのがわかり、号泣してしまいました。子供の虐待という暗いテーマですが、誰が悪いとはいえず、助け合っていきていくことが大事であることを思い知らされました。

2015年11月28日

受賞年度別

著者別