本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

pino

pino

大切な人を亡くしても明るく、前向きに生きていくテツコやギフ、その周りの人たちのほっこりとした温かい日常を描いた短編集です。

短編集なのですが、ひとつひとつの物語につながりがあり、読み進めていると、あの章に出てきたあの人が、この人なんだと気づき、伏線が回収されていく感じが楽しく、読んでいてとても気持ちがよかったので最後まで飽きずに一気に読んでしまいました。

“大切な人の死”というのがこの本の根底にあるテーマですが、その中には生きてゆくことのおかしみだったり、何気ないようなセリフの中にはせつなくてたまらない感情が詰まっていたり、笑える話もあれば、切なくて涙がこぼれてくることもありました。

テツコとギフの会話の中で「人って言葉が欲しい時あるだろう?」というフレーズが出てくるのですが、その“言葉”がこの本の中にはたくさん詰まっています。

ずっと大切に手元に置いておき、何度も何度も繰り返し読みたい、私にとってそんな一冊です。

2015年2月20日

受賞年度別

著者別