本屋大賞.com

全レビュー・口コミ件数:341件

本屋大賞に特化した書籍(本・小説)の口コミ・レビュー・ランキング【非公認】ファンサイトです。歴代の本屋大賞受賞書籍や、著者の関連書籍をデータベース化しています。各種ランキング機能により、読者から実際に評価の高い書籍や、おすすめの書籍を簡単に見つけることが出来ます。

REI

REI

愛する男性の子供を連れ去り、逃亡する女と

母親だと信じていた女が誘拐犯だったことに苦しみ続ける女。

この二人の女を軸に物語は進みます。

逃亡生活は苦しみを伴いますが、それでも二人の女には親子としての絆が生まれ、力を合わせて寄り添って生活しているうちにより深い絆となっていき、それに比例して幸せな時間が少しずつ増えていきます。

しかし逃亡生活が終わりを迎え、女二人は全く別の道を歩みます。

一人の女は罪を償い、一人の女は本来の生活に戻ります。しかしその女にとっては、逃亡生活が現実の幸せな生活であり、戻った本来の生活は苦痛そのもので、心のどこかでもう一人の女を姿を探してしまうことに苦しみ続けます。

なぜ自分はこんな目にあうのか、なぜあの女はこんなひどいことをしたのか。そしてなぜ自分はひどいことをしたあの女を忘れることができないのか、と日々悩みながら大人になっていきます。

女であるが故の愛情と母性が二人の女を苦しめ、でも女であり続けたいと願う心の叫びが常に聞こえてきます。誰が一番悪いのか、何が一番悪いのかと考えさせれらる一冊です。

2015年5月29日

受賞年度別

著者別